menu

2022.04.20 代表の穐吉が千葉大学 大学院 非常勤講師に決定いたしました

このたび、JAYID代表取締役社長の穐吉なな子が、国立大学法人 千葉大学の非常勤講師として選任、決定されました。同大学の文公共学府にて2022年秋から、講義を開始いたします。

■国立大学法人千葉大学 大学院の授業について
大学院:人文公共学府
授業科目:キャリア・デベロップメントB

授業目標:
1 次世代を担うリーダーを育てる
2 リーダーに欠かせない発信力を飛躍的に高める
3 多様な生き方、働き方を学ぶ

授業例:
・人に伝わらない情報は無価値 人の心を震わせるような情報発信は何が違うのか
・記者会見を科学する 残念な不倫/謝罪会見から神会見まで
・ブランディングは人生を豊かに彩る
・雇われない生き方は幸せか 雇われVS企業/フリーランス 大企業VSベンチャー

■非常勤講師のお声がけをいただいた背景
リクルートにおける広報での長年の経験や、母子単身でシンガポールへ渡りビジネスの立ち上げをした経験、日本での会社起業経験など多様な経験を評価いただきました。

■本件をお受けした背景
たび重なる自然災害、コロナ、経済停滞、遅々として進まない女性活躍など、若い方から多く聞かれる言葉は、将来への不安でした。「何が起こるかわからないから、安全そう・変化が起こりにくそうな場所に身を置く」これも選択肢の一つかもしれません。しかし、本当にそれで良いのか…多くの若い方の悩みを耳にしました。
「女性だから」「若輩者だから」「母だから」「もういい年だから」挑戦しない理由を探せばいくらでも言い訳はできました。それでも挑戦し続ける道を選んできた身として若い世代に伝えたいことがたくさんあり、お受けしたいと決断いたしました。

■授業を通じて学生の方々にお伝えしたいこと
①情報発信
戦略広報のプロフェッショナルとして、数々の大企業の記者会見運営、社長のスピーチ原稿など、あらゆる発信活動を手がけてきた経験から、“伝わる・人の心を震わせる 情報発信”を科学してお伝えます。

②多様な生き方
少子高齢社会を迎え、日本全体がシビアな選択を迫られている中、今のままの自分で良いのか、不安に思う学生の方々も多くいるはずです。自分の「やりたい」に貪欲に、破天荒とも言われる選択をし続けた代表。女性・母・起業家・経営者… あらゆる枠組みにとらわれることなく生きることで得ること、失うことは何なのか。人生において大事な選択をするときに役立てていただけるような、多様な生き方、働き方をお伝えしていきます。

詳細はプレスリリースをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000100106.html