menu

Vision ブランディングで企業を輝かせ、世界をほんのちょっと良くする

  • 広報の力によって大きな進化を遂げられる企業を多くみてまいりました。広報というものはその印象よりもずっと地道ではありますが、大変強い影響力のある活動です。世の中にとても意義深い取り組みをしていても、伝えなければ世の中には分かっていただけません。しかし、伝え方によっては独りよがりに見えてしまったり、大切なお客様が離れていってしまったりすることもあります。

  • 広報を通じ、応援してほしい人に応援者となってもらい、晴れの日も雨の日も温かいサポーターで居続けてもらうための努力のプロセス。これこそが広報だと思っています。

  • 誰に、どのような会社として認識してもらいたいのか…簡単なようでいて難しい問いです。自分たちはどうありたいのか、自社の存在意義や創業者の信念、生い立ち等まで踏まえて考える必要もあります。
  • そうした高い次元での広報戦略、ブランディング戦略がある一方で、広報の日々の業務にはリリース執筆はじめ、人材育成や上層部への提案など、様々な実務があります。また、「攻め」だけでなく、危機管理広報、リスク広報などと呼ばれる「守り」も非常に大切なのが広報です。

  • 「広報戦略やブランディング戦略が描けて、実務も広く実行可能な広報のプロ」「攻めも守りもできる広報のプロ」つまり『参謀広報』を求める声はここ数年で非常に高まっています。

  • そうした声にお応えし、1社でも多くの企業が広報の力によって大きな進化を遂げられるよう、全力でサポートしてまいりたいと思っています。